真っ直ぐ泳げない (8歳 女児 目黒区)

スイミングに通っているんですが、コーチに、真っ直ぐに泳げないと言われました。

左腕が回しにくいようで、クロールの時に、必ず左に曲がってしまいます。
平泳ぎの時は、足が上手く開かないようです。

インターネットで検索して、身体の歪みに良いとあったので、来院してみました。

2回治療しましたが、猫背がよくなり、肩甲骨と肩甲骨の間に溝ができた感じです。
治療中は、全く痛くないので、なぜか眠くなってしまうようです。

1回目の治療を見ていて、その場で歪みが治るのに驚いて、その後、私も受けることにしました。

しばらく親子で通院しようと思います。


身体の歪み|


側湾症 (12歳 武蔵村山市 女性)

小学校のとき、肩の高さと骨盤の高さが違うのをお母さんが気づいて、整形外科へ行き、脊椎側湾症と言われました。特に治療法はなくて、経過を見るしかないと言われました。

中学校に行ってから、健康診断でも曲がっているといわれて、整形外科でコルセットを作りました。ほとんど同時に、鈴木薬手院にも通うようになったんですが、1回治療してもらったら、コルセットが合わなくなってしまいました。姿勢が良くなったみたいです。
鈴木先生にコルセットはつけなくていいと言われたので、ぜんぜん付けていません。

でも、今、身長がすごく伸びる時期で、背骨の曲がりも進んでしまっているようです。整形外科へは、数ヶ月おきにレントゲンを撮りに行くのですが、進行していると言われました。でも、肩の高さとか、骨盤の高さとか、見た目は進んでいなくて、姿勢もきれいだと言われました。

鈴木薬手院に来る前は、うつぶせに寝たり、横向きに寝転がったり、悪い姿勢をすると、体の奥のほうがギシギシして痛いような、すごくいやな感じがしたけれど、それがだいぶ楽になりました。

マラソンなどでたくさん走ったりすると、背中全体が痛くてたまらなくなったり、水泳でクロールをすると痛かったりすることがあるのですが、それもだんだん良くなってくるといいなと思います。

今一番身長が伸びる時期なので、出来るだけたくさん薬手院に通って、整形外科へは定期的にレントゲンを撮りに通う予定です。

治療開始から10ヶ月の様子(お母さん談)

約半年ごとに整形外科でレントゲンを撮るのですが、前回は曲がりが進んでいるといわれてしまったのですが、その半年後にレントゲンを撮ったら、体の上のほうの湾曲が4度よくなっていました。本当に、飛び上がるほど嬉しかったです。
その間は、コルセットはつけていませんでしたが、鈴木先生に教えてもらった体操をがんばって続けていました。
前は、治療後も特に体調の変化はなかったんですが、最近、治療してもらった後とてもだるくなるようです。体が先生の治療に順応してきたのかな?と思います。
まだまだ成長期ですので、このままがんばって通院しようと思います。



側湾症|



気になる症状で検索

カテゴリー

新着記事

過去記事

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM